皆さん、こんにちは
久しぶりに中国へ行きました。
今回は、南京から車で約1時間半ほどの島にて、野外コンサートでした。
あいにくの曇り空でしたが雨は降らずに気持ちのいい演奏をすることができました。
写真は、中国の料理店にて撮ったものです。

皆さん、こんにちは

この度はたくさんの方から「旅の力」を見て感動しました。と
お声をかけていただき撮影スタッフも私も
とってもうれしかったです。
特に、沢山の方々から、最後に歌った曲の詳細を聞かれました。
それはかつて
ary barooso作曲 lamartine babo作詞、1931年に作曲され、
joao gilbertoが歌っていた
『no rancho fundo』という曲です。


この写真は撮影中にとったものです。

アマリアロドリゲスさんの遠い親戚のファドの歌手です。
彼女の歌声もとても美しかったです。


ファドミュージアムの途中で出会った可愛い
おばあちゃま。毎日家の前のベンチで日向ぼっこをしていました。

皆さんこんにちは

この度6年ぶりに韓国で3回目のコンサートを行いました。
3月3日、4日と2公演行ったのですが、
両日とも素晴らしいオーディエンスに囲まれ
とても幸せでした。
今回初参加の luiz gustavo(sax&flute)の演奏も暖かかったです。


2日目のソールアートセンター、演奏前のワンショットでした。

皆さま、こんにちは。

bs12ch twellvさんで、私の90分番組を作ってくださっています。
music live & document「set list」
〜小野リサ〜心の旅をめざして
というタイトルで、3月24日(土)午後3時に放送されます。

ピアノのピーターさんはオーストラリア、ベースのクリスさんは
ニューヨーク、ドラムのデニスさんはドイツの出身で、様々な
大陸からやってきたトリオとのライブを収録しました。

インタビューもあります。お楽しみください。

そして、今夜2月28日(火)午後8時〜8時57分、nhk bsプレミアム
「旅のチカラ」が、いよいよ放送されます。
「二つの祖国を結ぶ魂の歌 〜小野リサ ポルトガル〜」です。
こちらも、是非、ご覧ください。

皆さま、こんにちは。
この度、nhk番組 bsプレミアム「旅のチカラ」の収録の
ために、ポルトガルに行ってまいりました。

ポルトガルの人たちは、とても心が温かく、素敵な出会いが
たくさんありました。

お天気にも恵まれて、青い空と青い海が広がり、素晴らしい
風景でした。

お食事もとっても美味しかったです。

2月28日(火)夜8時の放送予定です。
是非、ご覧ください。

皆さま、こんにちは。新しい年が明けました。

昨年の夏から始まったアジアツアーは、最後の北京公演まで、
大盛況の内に終了いたしました。皆さまに深く感謝しています。

cctv(中国の国営放送)の年越しのカウントダウン番組に、
日本人として初めて出演させていただきまして、大変光栄でした。

今年が佳い年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

12月は福州、大連とコンサートがあり、大勢のオーディエンスの
方々に囲まれて、楽しく演奏をさせていただきました。

福州は台湾に近く、入り江もあり、シーフードの美味しい街でした。
大連は、ヨーロッパ風の建物がたくさんある美しい街でした。

その後、北京に移動して、フェニックステレビで長いインタビューを受けました。
北京には前回、北京文化博覧会の開幕式に参加いたしました。
可愛い少林寺拳法の子供たちや三大テノールの方々と
ご一緒させていただきました。

アジアツアーも、いよいよ大晦日の北京公演で最後を迎えます!

皆さま、こんにちは。

先日、mitsubishi jisho classy caféの公開録音が、
三菱一号館美術館「cafe1894」にて行われました。
題して、「mitsubishi jisho classy concert in
marunouchi」です。重厚感のある、素敵な空間です。

久しぶりにソロで演奏しました。

村治佳織さんがナビゲーターをしてくださり、
最後には会場の皆さまと一緒に「きよしこの夜」、
「見上げてごらん夜の星を」を歌いました。
胸がいっぱいになりました。

この催しは、j-waveにて、12月 25日(日)19時から
放送予定です。是非、聴いてください。

クリスマスシーズンを迎えた素敵な丸の内界隈を散策
すると楽しいと思います。

中国・広東省での連続4公演を行ってまいりました。
どのステージも、温かいオーディエンスに恵まれて、楽しい日々でした。
感謝しています。

広州は今回で2回目ですが、東京が寒い時でも、夏の終わりのような感じで、
半袖を着ていました。

また、食は広州にあり、と言われるように、珍しい食材がたくさんあって、
メンバーもスタッフも大いに盛り上がりました。

公演会場が120キロも離れているところもあって、毎日の移動がなかなか
大変でした。皆さん、本当に太辛苦了(タイシンクーラ=お疲れ様でした)!

皆さま、こんにちは。

お陰様で本日、ニューアルバム「japao(ジャポン)」がリリース
されました。

今までずっと、ボサノヴァを聴いてくださった方々にお礼の気持ちを
込めて、「日本のアルバム」を制作しました。
音楽の旅の最終地点を飾る「japao」。今、頑張っている日本の方々へ
このアルバムでエールを捧げたいと思います。

日本語は、とても豊かな表現力を持ち、奥が深い言葉だということを
改めて感じました。是非、聴いてみて下さい。